フコイダンってなに?

Pocket

フコイダンとは何かということですが、これは昆布、わかめをはじめとした褐藻類と呼ばれる特有のヌルヌルのことを言います。ちょっと気持ち悪い感触があるなと思うところこそが、フコイダンです。

フコイダンは、海藻が傷ついたときの傷口の保護、あるいは乾燥、細菌といったものから身を守るバリア機能の役割を果たしているのです。要するに、悪いものから身を守ってくれる働きがあるというのが、分かりやすいでしょう。

フコイダンフコイダンは、1996年に日本癌学会においての学会発表があってから、大きな注目を集めるようになりました。あくまでも健康食品ということですから、がんに対して効果があるとは100%言えたわけではないのですが、代替療法の分野において、とても大きな注目を集めるようになっているのです。今の時代においては、製法技術も高まり、純度の高いものを抽出できるようになっています。

フコイダンは、癌学会発表から20年余りが経過しています。その間にネットを中心にしていろんな情報が飛び交っており、多方面からの注目を集めているのです。それはフコイダン療法と呼ばれるところもあって、広く名前が知られるようになっています。そのため、これから使ってみようと考えている人もいるでしょう。